ゆめはかなう

あなたのゆめがかないますように。

研究 バビロンの大富豪1

 

ブロガーのmizさんがおすすめしていた本です。

 

ページ数が約250ページで、示唆に富む内容ですので、

 

感想ではなく、研究ということで、何回かに分けようと思います。

 

 

この本、私も購入しようかなーと思っていた本なのですよ。

 

他にも有名な作家の人がおすすめしていたからです。

 

 

ただ、そのときは、プレミアム価格がついていて、

 

1冊5000円ぐらいしたので、ちょっと放置していました。

 

今現在は定価で買えるので、チャンスだなと思ったわけです。

 

 

 

では、早速、バビロンの大富豪の大富豪を研究していきます。

 

 

 

富とは、手に入れるための単純な法則を理解し、それを守りさえすれば、いくらでも手にすることができるものである。(P14)

 

 

 

と、本の初めに書いています。

 

 

あなたはこの言葉を信じることができますか?

 

 

まずは、信じてみようと思う気持ちが大切ですね。

 

疑いは、あなたを守るかもしれませんが、どこへも連れて行ってくれないからです。

 

 

そして、プロローグが始まります。

 

 

戦車職人のバンシアさんっていう人が出てきます。

 

そして、楽士のコッピさんっていう人が出てきます。

 

二人とも、仲良しの親友です。

 

 

でも、二人ともお金に困っています。

 

がんばって、いい仕事をしているのに、お金に困っています。

 

自分の子供もお金に困るんじゃないか?と心配しています。

 

 

二人で話をしていると、もう一人の人の話題が出てきます。

 

昔の友人のアルカドです。彼は黄金の戦車に乗るぐらいのお金持ちです。

 

 

じゃあ、アルカドにお金を稼ぐ知恵を教えてもらえばいいんじゃない?

 

ということで、アルカドに会いに行こうというところでプロローグの終わりです。

 

 

 

ポイントというのは、知恵というものかもしれません。

 

知恵があるかないかは、実は親から子へと伝わりやすいです。

 

 

親が貧乏なら、子も貧乏になる可能性があるし、

 

親が裕福なら、子も裕福になる可能性があります。

 

可能性の話で断言できませんが、教育格差という言葉に集約されるかもしれません。

 

 

バンシアさんとコッピさんのいいところは、

 

お金持ちの友人に素直に学びにいこうとする姿勢です。

 

知恵を得るためには、行動しないといけないのですよ。

 

 

 

あなたには、知恵を素直に学ぼうとする行動力はありますか?