ゆめはかなう

あなたのゆめがかないますように。

パチスロ依存症主婦の借金カミングアウト篇 が面白すぎて、衝撃的だった。感想

ツイッターでいろいろと情報を見ていると、 

 

 

パチスロ依存症主婦の借金カミングアウト篇 – ギャンブルで作った借金と向き合うマンガ

 

 

こんなサイトを発見してしまいました。

 

 

闇な話なのですが、予防注射みたいな気持ちで読んでみると、

 

将来、あなたのためになるかもしれないと考え、ここで紹介します。

 

 

 

 依存症って怖いですね。

 

依存症って、中毒症状、あるいは、病気といえるかもしれません。

 

 

 

 依存症、中毒、病気、はっきり言って、一人では治せない気がします。

 

だから、誰かが手助けしたり、守ってあげる必要があるなと。

 

しかも、それって、家族だけじゃなく、社会全体としても守るべきだなと。

 

 

 

 依存症、中毒、病気って、誰かが損すると同時に、得する人がいます。

 

得する人がいるから、ズブズブと底なし沼にはまってしまう人がいるわけで。

 

個人の自己責任! で、すます社会も無責任のような気がします。

 

 

 

また、お金が儲かればいい、というような安易な発想もまずいと思います。

 

それは個人であれ、企業であれ、どんな組織でもまずいと思います。

 

個人の幸せ、家族の幸せ、そういうものも別に分けて考えておくべきです。

 

 

 

というわけで、微力ながら、借金系、ギャンブル系の広告は

 

このブログでは表示しないようにしたいと思います。

 

 

 

なんというか、お金以外の幸せを見つける必要がありますね。

 

ドキドキ感、射幸心、そういうのはお金の外側で味わうべきです。

 

お金は人の生活の基盤であるので、本当に大切に扱うべきだなと。

 

 

 

また、この漫画には心に刺さる言葉があります。

 

未だに心がもやもやして、うまくまとまっていませんが、

 

3000円の幸せを見つけるべきなのかなとも。

 

 

 

それと同時に、依存症、中毒、病気、

 

これらで苦しむ人ができるだけ少なくなるように、

 

多くの人で知見を共有して、みんなで協力していく必要がある気がします。

 

 

 

ここまでの力作を公開してくれたナツジさんに感謝です。